ワインのこしみずロゴ 三島広小路、輿水酒店正面
こしみず酒店へ ようこそ!
三島広小路駅(イオン・キミサワ前)
TEL 055-975-0579 Fax 055-972-0574   HP koshimizu-s.com
 
店舗案内 クレジットカードが使用可能です!
オリジナルギフト
 世界のワイン
フランス・イタリアを中心に
約300種を揃えています
 日本酒
 焼酎
地元三島、静岡酵母から
全国各地の本格焼酎

リキュール類
 果実のお酒
 食品・その他
お酒のお供に!
 食事のお供に…
 日本名門酒会
 「良い酒を 佳い人に」を
スローガンに、全国約120社
の蔵元が丹精こめて造った
良質の日本酒を、
全国1,800店余りの酒販店を
通して流通させてきた
ボランタリー組織です。

日本名門酒会HP⇒
 三嶋暦
 三島暦は仮名文字で印刷
された暦としては、
日本で一番古いものだろう
といわれています。

三嶋暦⇒
輿水酒店  店舗案内

所在地 :
  〒411-0856  三島市広小路町8‐14

最寄駅 :  伊豆箱根鉄道 三島広小路駅
           広小路駅より西へ徒歩1分、キミサワ向かい側
              伊豆国分寺 阿闍梨小路(あじゃりこうじ)入口

営業時間:  9:00〜19:00

定休日  :  水曜日

tel   :  055−975−0579    fax 055−972−0574

ポイントサービス:  わくわくカード

■駐車場    店舗裏は無料P
           
広小路振興パークPをご利用の方は,
           
お買い上げ時に駐車券を進呈いたします

■ホームページ :  http://koshimizu-s.com/

地  図

 詳しい地図はこちら⇒

会社概要
 
 創業100年 旧東海道沿線に面する三島宿


 
輿水酒店創業は、大正7年、当時、長谷の酒の
 蔵元、会嘉酒造店の六反田支店を譲り受け、
 輿水酒店として発足いたしました。
 昭和41年に有限会社輿水酒店となり新築し、
 その後改装を重ねて現在に至っております。

 日本酒からビールに、現在はワインを主流に、地酒、本格焼酎の品を
 揃えております。
 また、
オリジナルギフト、メッセージボードなど、ご提案しております。
 ワインの試飲会、新製品の紹介、焼酎などの商品を選ぶポイントを
 提供しております。季節により健康飲料などもお薦めしております。


歴史アルバム
 
  昭和40年頃、2代目新築車は、マツダ、初代ファミリアバン(色はスカイブルー)
 写真の子供は、現輿水酒店3代目。昭和39年、トラックでない憧れの乗用車型になり、
 仕事兼用とはいえ、子供心にも うれしかったものです。
 何といっても それまでは、仕事用トラックで、全身
ねずみ色、その後、
 
クリーム色地に大きなミツバチの絵
が印象的なハチブドー酒のコマーシャル看板
 塗り替えたものの、シートベルトのない時代!座席は助手席しかないところに
 子供を乗せて出かけ、危なっかしかったものです。

  この頃の当店では、「きき酒」会を開催。
 日本酒だけでなく、ビールの利き酒もしました。
 辛口の剣菱や、
 キリンビールは、今と同じ肩の無い瓶のため、わら半紙で瓶をすっぽり首まで覆い、
 瓶の形が分からないように工夫してもすぐに分かりました。



 また、カクテルブームに乗り、
 カクテル教室を開催。
 バーテンダーのように
 シェーカーを8の字に振るとか、
 ツーフィンガーなどの用語から
 ショットグラスやマドラー、ミキシンググラス、
 スクイーザー、バースプーンなどの道具
 まで、身近にいた子供でも
 覚えてしまうくらい熱心でした。
 
 スクリュードライバーは、アルコール度数
 が強いのに口当たりが良い為、
 レディキラーの異名で呼ばれます。





  ウヰスキー全盛期には、 毎年、陳列コンクールに参加。
 何十箱ものニッカやレッドを開け、
 数百本ものボトルを積み上げ、並べました。
 業界紙に何度か掲載されたこともあり、
 お祭り騒ぎ同様に楽しかったです。
 ワインコーナー

 
出張ワゴンでの試飲即売会の歴史

昭和の後半は、三島大社のゑびす講市で、
大社の境内で日本酒の試飲即売をしたこともあります。
昭和60年から始まった三島大通り宿場祭りには、
平成になってから大中島から声がかかり、
ワインも新たに加え、毎年試飲を楽しんで頂いています。